下         201703
   北   
   ク    
   ラ  
   ッ
   チ                              
   オ                            
ムビ シモキタアルバム utako
   ン                                                          
ココロのスキマお埋めします
   ラ    イ    ン                                                
   
             
みぎのもじをクリックよ 2017ムビ
                              





  itterasshai sanko2 2 異界へ    
食 卓 の コ ス モ
                                   終末 嬉野秘宝館 1 - 下北クラッチオンライン 食卓のコスモ F37 夢に観た方 お待ちしていま す

下北クラッチオンライン 食卓のコスモ

ウサギのマンガ 写真  映像  ゆとり  電波ビル 廃墟 珍スポ 夢

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

終末 嬉野秘宝館 1 

九州の佐賀県にある嬉野秘宝館が3月に閉館し、4月のお葬式に参列してきました。参列というのか、終末が見たかったのと、人形が欲しいのです。(争奪戦になるであろうオークションで)

主催者のフジトミ様には、数回の電話連絡や何件にもおけるメールのやりとり等大変お世話になりました。
人形を業者がトラックで来てまとめて買ってしまわないかとか、転売目的の人が買ってしまうのではないか、数十万でも買えないのではないですか 等 不安をぶつけていました。迷惑な話です。お葬式に近づくにつれ、返信も少なくなってきました。

佐賀県にあるので、佐賀空港としか考えていなかったのですが、福岡空港からも行きやすいのだそうです。

左のピカチュウが福岡イキ 右が最終便の佐賀イキ(この飛行機に乗ります。福岡イキの半分以下の大きさです。)

ST2.jpg
2時間後到着

当初の予定では、空港から武雄温泉♨駅のホテルまでは電車を乗り継いでイクと考えていたのですが、前日に乗り合いタクシーを予約しておいて本当に良かったです。乗り合いといっても、私一人だけ 40分乗って、2000円でホテルまで連れていっていただけます。
空港の最寄りの佐賀駅まではかなり距離があります。タクシーだと数千円かかるはずです。それから電車と考えると…危なく難民になる所でした。

武雄温泉駅に到着 
コンビニ等無い… 22時過ぎの為、和食太郎も営業していません  嗚呼、誰か食べ物を…
ST3.jpg
無念


翌日
ST4.jpg
 嬉しい朝食バイキング

秘宝館イキのバスまで少し時間があったので観光します 
ST6.jpg


ST5.jpg


ST7.jpg


ST8.jpg


時間になったので、バスに乗り秘宝館に向かいます。
早く着きすぎたので、近くの川の様子を見ます


ST9.jpg
河童

ST10.jpg
!!!

ST11.jpg
ラブホテル

嬉野秘宝館
ST12.jpg


ST13.jpg


ST14.jpg
入場する為の行列に並びます このあと行列は長くなり、100人以上になります


以下内部の様子になります
ST15.jpg
有明弁財天
本当に出来が良く、大変美しかったです。


ST16.jpg


ST17.jpg
個人的には、コレも欲しいモノの一つでしたが、非売品でした。
不要になったら、マンション敷地の出入り口に後ろ向きにして置いておけば大丈夫なブツですね

ST18.jpg
鍋島化猫騒動
障子が開き出てきます。この美貌!
コレが欲しくてここまで来たようなものです。マネキンを改造してあるはず 壊れにくいはず

ST19.jpg
障子がしまると、コレが始まります。
機械仕掛け等、一式欲しいです。

ST20.jpg
マリリンモンロー
扱いが大変な ろう人形の為、欲しくても手が出せないブツです。
ST21.jpg
燃えよマラゴン
ろう人形かFRP(強化プラスチック)かわかりません
ST22.jpg
!!!

ST23.jpg
有明婦人
大学の教授がすでに押さえているブツです。売約済み 残念!

ST24.jpg
嬉野茶摘み娘
ボタンを押すとお聖水が飛んでくるはずですが、動きません

ST25.jpg
有明の恋人
ろう人形です。作るのに数百万かかるクラスです 


ST26.jpg
少女と終末
服装と場所の具合が良いです。顔出しNGなので後ろ姿だけ

ST27.jpg
たまらない光景

ST28.jpg
古いカーペットの匂い等、最高です


ハーレム
ST29.jpg

ハーレムの様子、9割以上ピンボケという奇跡 無念としかいいようがありません つらいあまりにつらい
ST30.jpg



オークション 重要な所、端折りますが、私の狙っていた人形は無事買う事が出来ました。(化猫と茶摘み)
以下 看板等のオークション
ST31.jpg
左手で商品持ちつつ、右手で自ら入札します。スタッフ兼お客です。他から入札があっても、右手で次から次に瞬殺して高値更新していきます。カッコ良過ぎます。
私もこういう人になりたい 

ST32.jpg
秘宝館のマットも、出品されると同時に数万円と高値を付ける青年がいました。誰も手が出せなくなり、青年が落札です。これがオークションです。会場をビビらせれば勝ちです。
1000円スタートで5000円と手を挙げる私は、まだまだひよっこです。

私はマットの出品について知らなかったので、青年は入念に下調べしたのでしょう そして高値で瞬殺!
カッコ良過ぎます。熱意が伝わります。見習いたい!


人形の発送について、配送業者に連絡を取ります。
私    「嬉野市にある博物館のような所からマネキンのようなもの二つ東京まで運んで欲しいのです。明日の午前中しか立ち会えません 午後は飛行機で東京に帰ってしまいます」

配送業者 「少々お待ちください 普通の配送ではできないと思います 折り返します」

長いやりとりを行います。

配送会社 「住所と建物を詳しくいいですか?」
私    「◯◯町の◯◯です。博物館というのか俗にいう秘宝館です。」
配送会社 「あっ!秘宝館ですか わかりますわかります」
私    「単純に秘宝館から梱包していない人形を二つ東京まで運んで欲しいという事です。若干運ぶものが増えるかもしれませんが」  

送料は予想を遥かに超える金額でしたが、頼むしかありません   
ST33.jpg
オークションも終わり人がいなくなると、一気に廃墟になりました。

ST34.jpg


ST35.jpg


ST36.jpg


ST37.jpg
これは通常撮れない角度から
灯りの点いている最後のハーレムの様子


この後、マリリンモンローを落札した方がモンローを連れて帰るとの事の為
私も手伝います。暗闇の秘宝館の2階から、4人掛かりで運び出します。
ろう人形 重い!修羅場!

ST38.jpg
重いモンローを片手で持ちつつ、片手で写真を撮りました。近くで見ると、すごくお綺麗だったのですが、全く伝わらな写真が撮れました。

ST39.jpg
モンロー最後の姿です。 皆で車に乗せました。霊柩車に乗せた気分です。

九州の秘宝館で、数十体の人形が30年間暮らしていたわけで、それが皆離ればなれになると思うと、とても感慨深いです。泣けてきます。
今後はそれぞれ良い余生を過ごしていただきたいものです。つらいあまりにつらい


ST40.jpg 
追伸 スーハーマンは、照明も無く暗かった為、私には写真に写す事ができませんでした。フラッシュだとこうなりますし。無念                                        

続く
スポンサーサイト

コメント

△上△

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://simokitakurati.blog.fc2.com/tb.php/92-fea9b398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
観光案内サイト 食卓のコスモ ココロのスキマお埋めします (作成 更新 下北歌子2015simokita utako) 各種問い合わせ等は記事のコメント欄から 管理者のみに通知する事ができます